菊田麗羽君 U-16全国大会標準記録突破(200m)

菊田麗羽君が10月16日〜18日 日産スタジアム(横浜)で実施予定の

全国大会の標準記録を突破!

菊田君は小学6年時、静岡県チャンピオン(400mR)になり、

精華清水RC初の全国大会出場を果たしてくれました。

それから今年を含め、5年連続で全国大会出場者がクラブより生まれています。

奇しくも日産スタジアムは小学生時、400mRで準決勝敗退を経験した場所。

私も忘れ物を取りにいきます。

今回、小学校時より共に頑張ってきた小森琥珀君が骨折で県大会を欠席。

全国大会絶望の現状を受け、県チャンピオン・標準記録突破!

菊田君の気持ちに感謝!

又、成長に驚きを感じています。

本番までモチベーション維持!

 

 

 

 

 


静岡県中学校中部陸上競技大会

静岡県中学校中部陸上競技大会(7/11・12)結果

 

両日とも大雨・強風の中、

 

精華清水RC所属のクラブ生は好記録連発!

 

今季初戦とは思えない仕上がり・結果でした。

 

<男子共通100m>

菊田麗羽 優勝 11秒19(予選10秒91追い風参考)

・大山瑠偉 11秒97(追い風参考)

・石代岳士 11秒81(追い風参考)

 

<男子共通400m>

小森琥珀 優勝 52秒21(予選52秒79)

・太田絢斗 57秒05

 

<男子共通800m>

清水健士朗 2位 2分9秒91(予選2分8秒93)

松浦祐璃 4位 2分13秒66(予選2分15秒57)

 

<男子共通1500m>

・望月丈瑠 4分56秒55

 

<男子共通棒高跳び>

若竹瞬 優勝 3m40cm

 

<男子共通400mR>

清水飯田中(小森・菊田) 優勝 44秒93

・清水6中(石代・大山)失格

 

<女子共通200m>

中村優那 4位 28秒31(予選28秒48)

 

<女子共通100mH>

清水麻琴 4位 16秒70(予選16秒85)

 

<女子共通走高跳>

・平岡詩悠 1m30cm

 

<女子共通砲丸投>

・坂本乙女 7m17cm

 

<女子共通400mR>

・清水飯田中(清水・平岡)56秒17

 

 


つま先トレーニング・肩甲骨トレーニング

新型コロナウイルスの影響により、練習が出来ない。

我が家ではつま先トレーニング・肩甲骨トレーニングが日課!

 

 我が家の双子の長女(小学1年生)

 

 つま先立ちで走るところまで ↑

 次男に負けない 肩甲骨 ↑

5人の子宝に恵まれましたが、なぜか、練習は3人

長男(高校1年)・三男(小学4年)は何処へ行った?

5人とも陸上競技者!

 

 小森 清敬

 


小学1年〜中学3年(現在)までの成長

我が家の次男、現在中学3年生。

本来は全国大会(全中)に向けシーズン期。

しかし、今年度は中止!

次男と私の夢は競輪選手になり1億円稼ぎ(年収)、

自転車競技でオリンピック金メダルをとる事!

その為に、幼少期より海外の選手に負けない体づくりを実施してきました。

陸上競技は中学まで!全中に出場して高校からは自転車競技。

それが私たちの目標でした。

しかし、先日、次男が、

「このまま全国で勝負しないまま陸上競技をやめられない!」と一言。

体の成長はもちろん、自分の進路を自分で考えられるようになった心の成長に

嬉しくなりました。

自分の人生、自分で考え、満喫するべし!

子供の成長に感謝!

 

  小学1年生時の次男  ↑  

 

小学5年生時の次男  ↑  ↓

 

 現在、中学3年生の次男 身長171僂砲泙農長 

 

 

 

 

 小森 清敬

 

 


令和元年度(令和2年) 卒団式

令和元年度 卒団式

 

新型コロナウイルスの影響で時間短縮、会場変更の中、

この日を迎えられました。

昨日時間の関係で全てを伝えられなくて申し訳ございませんでした。

クラブ生・保護者の方々のお陰で無事、卒団式を迎えられた事に

感謝の気持ちを込めて「有難うございます」。

この学年の子供たちから私は多くの事を学びました。

これまで「今の必要性」「今どうあるべきか」を第一主義に考えていた自分から、

「これから」という生き方、考え方を学びました。

2年連続での小学生全国大会出場、

2年連続、現在進行形(3年連続)でもある中学生全国大会出場。

全国大会出場という一つの結果を求めすぎ、

一番大切な「個人の成長」「これから」「楽しさ」というシンプルな考え方を

いつしか忘れている自分がいました。

もっと楽に考えよう!もっと楽しく触れ合おう!もっと!もっと!もっと!

たくさんの「もっと!」を私に与えてくれたこの学年の子供たち。

本当に感謝しています。

ここ数年、入部制限、驕る自分の指導の中、

来年度、中学生になってもクラブに22名(3月現在)が残り在籍し、

小学生入部制限解禁により多くの新入団生が入部してくれる現状に、

とにかく驕らず指導していきます。

このクラブを卒団生から続く歴史あるクラブに!

私を変えてくれた今年度、卒団生本当に有難う!

いつでも待っています。

 

 

 

 

 

 コロナの影響で全員参加とはいきませんでした。

 

 小 森 清 敬

 

 


2020 静岡インターハイ 強化指定選手 選出

精華清水RC 卒団生 

現東海大学付属静岡翔洋高校1年の兵藤ジュダ君が、

2020 静岡インターハイ 強化指定選手に選出されました。

今年の 東海新人 男子800mで1年生ながら見事優勝!

静岡県高校駅伝5区区間賞と着実に結果を出してくれています。

目標は箱根駅伝出場、マラソンオリンピック出場です。

 

 

 

 


静岡県選抜(県トレセン)・U16ジュニア選抜(東海トレセン)選出

精華清水RCより、

短距離で菊田麗羽君(中2)、小森琥珀君(中2)2名のクラブ生が

静岡県選抜・東海選抜に選出されました。

12/26・27 エコパスタジアムで県トレセン

1/11・12 三重県伊勢で東海トレセン

東海トレセンは来年の全国中学生大会の会場です。

全中決勝進出に向け、頑張っています。

 

 

 

 

 


ノリエガエリック君(清水エスパルス) 精華清水RC訪問

精華学園高校 清水校3年生で来期、清水エスパルストップ選手に昇格する

ノリエガエリック君が精華清水RCの練習に来てくれました。

月曜日の練習日で、水曜日・金曜日の練習生の中には、

本日参加できなかったクラブ生もいて全クラブ生集合とはいきませんでしたが、

エリック君との写真撮影、サイン会を楽しんでいました。

 

 

 

 

ペルーから来日して3年、言語・生活面で苦労しながらのプロ契約です。

 

エリック君曰く、

「小さい頃から色々なスポーツを楽しんだ方が良い」との事。

 

精華清水RCのクラブ生の半分以上は陸上競技以外にも、

 

サッカー、ハンドボール、野球、空手、体操、バレー、バスケットボールなど、

 

様々なスポーツを楽しんでおります。

 

私自身にも幼少期〜少年期での取り組ませ方に変化があった

 

1年でした。

 

今年度、陸上競技大会への出場は減りましたが、

 

多彩に本気で様々な事に取り組むクラブ生が増えました。

 

エリック君を始め、子供達から学んだ事が今の私の源です。

 

 


静岡県小学生チャレンジカップ 

静岡県チャレンジカップ(IN富士)に参加しました!

 

 

 2年男子50m 決勝 6位入賞 ↑

 5・6年女子コンバインドA 8位入賞 ↑

 5・6年男子コンバインドA 6位入賞 ↑

 

 今シーズン最後の県大会! みんな頑張りました!

 

 終了後、悔し涙を流す6年生に今後の期待を感じました!

 

 


静岡県新人戦 結果

静岡県新人戦 結果

 

・共通男子200m 菊田麗羽 決勝3位 23秒52(予選23秒30)

・共通男子400m 小森琥珀 決勝3位 53秒56(予選53秒47)

・共通男子800m 清水健士朗 2分17秒34

・1年男子100m 石代岳士 

・1年男子1500m 松浦祐璃 欠場

・共通女子走高跳 平岡詩悠 1m35cm(自己新)

・共通女子200m 中村優那 28秒96(自己新)

・共通女子砲丸投げ 坂本乙女 7m73cm(自己新)

・共通女子 100mH 清水麻琴(17秒54)

・1年女子800m 清水麻琴 欠場

 

冬期トレーニングをしっかり行い、

来年の全中を目標に頑張ります!

 

 

 



精華清水RCホームページ

精華学園高等学校 清水校

精華学園高等学校 清水校BLOG

こもり不登校・ひきこもり相談室

21世紀型『寺子屋』小森塾

selected entries

archives

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

links

profile

書いた記事数:98 最後に更新した日:2020/08/25

search this site.

others

mobile

qrcode